アコムの借り方がよく分からないので調べてみました

消費者金融のアコムのキャッシングと銀行カードローンには消費者金融のアコムのキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融アコムは貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制があります。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されアコムのキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

一般的に消費者金融のアコムのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のアコムのキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融アコムのキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のアコムのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他のアコムのカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

昨今の消費者金融アコム業界は法律の改正やCM効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては低金利で審査が早いといった理由があげられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

消費者金融アコムのキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融アコムのサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

消費者金融アコムのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

しかし、アコムのカードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合にはアコムのカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

アコム店舗ATM!申し込み最速WEB窓口【借り入れ審査スマホ対応】