過酷な看護師の仕事は転職で少しは楽になる?

いま日本においては、経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る外国人看護師候補生の受け入れを行っています。
ですが、日本語を使った看護師国家試験に3年間の滞在期間中に看護師資格の取得ができなかった場合には母国へ帰国することになります。
就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。
辞めたいと思っている看護師は、かなりの数になっているといえます。
その一番の理由としては、厳しい仕事内容で体の調子が悪くなってしまったり、給与のことで不満に感じていたり、ややこしい人間関係で精神的に逃げ場を失ってしまったりというケースが大半です。
少し前までは、看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、近頃では男性看護師の割合も増加しています。
日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。
お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。
看護師は医療ミスになるような行為を行っていない思っている方が少なからずいるかもしれません。
たまにお医者さんの手術の失敗がニュースになっていたりしますから。
ですが、注射とか点滴を打つのを間違えたりすることもあり、最悪のケースだと、訴えられてしまったという場合もあるのが看護師です。

看護師として一般企業へ転職可能?【病院以外の求人探しどう?】