災害が起きたときの支援物資はどうやって運ばれるの?

大災害が起きた時は、支援の輪が広がりますよね。
それが人のつながりでもあります。
(笑顔)被災地支援の為の物資を提供してくれる個人がいます。
またたくさんの企業もいます。
しかし、真の被災地支援には、必要な物資を必要な人に最後まで届けることが重要です。
例えば交通が寸断されている状況があります。
(汗)また、物資を必要としている人達がどこにいるのかを知らなければいけません。
どのような人がどのようなものを求めているの分かりませんよね。
生きていくのに必要な食料、飲み水は誰でも求めています。
しかし、災害が広範囲にわたっている場合、地域で被災地支援の密度に差が出るようですね。
(汗)そんなことも多いようですね。
このような状況を考えた時、情報をまとめる為の機関が必要です。
被災地支援をしようと考えている人の為の窓口があります。
それと、支援物資を求めている人達の情報の集約があります。
東日本大震災では、町が壊滅的な打撃を被りました。
本来なら支援の窓口となるべき自治体自体が崩壊してしまっています。
支援の為に、国、県などの公務員がたくさん現地入りをしています。
それでも人手は不足しています。
そして、多くの被災地支援物資の配給が滞ってしまいました。
予想していなかった規模の災害です。
ですから、ある程度は仕方のないことでもあります。
(汗)。
災害時の買い溜めについて