住宅ローンの金利比較を相談するには?

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。
ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
毎月のリフォームに使える住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。
繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をする事により、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額を根本的に減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。
ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。
もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。
住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った様な広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

住宅ローン無料相談はどこで?メリット・デメリット【悩み解決法は?】