残り湯を利用して節水できる?

良いことです。
毎日のようにお風呂に入ることがあります。
そんな習慣の日本人は、お風呂の残り湯を上手く利用することで、水道代の節約になりますよね。
それが節水に取り組みにつながります。
(笑顔)一昔前までは、残り湯を洗濯に使う場合は、バケツなどを使い手作業で残り湯を洗濯機に入れるか、電動ポンプを入れていましたよね。
そう思います。
これでは、お風呂の残り湯を再利用する人は、時間に余裕のある人ですかね。
その為、残り湯を使う家庭は一部で、殆どの家庭では、お風呂の湯はそのまま栓を抜いて流してしまうのが常ですね。
それでも、最近では、残り湯を利用することが出来る機能が搭載されている洗濯機が次々に登場しています。
この様な洗濯機なら、洗濯機に残り湯を入れる場合、手間をかけることもないと思います。
水道代の節約、節水を心がけたい人は、洗濯機を買い替える時には、このような機種を選ぶと良いですね。
(笑顔)また、洗濯乾燥機でも残り湯を利用できます。
それで登場しています。
代表的な洗濯乾燥機は、日立「ビートウォッシュ 湯効利用」ですね。
この洗濯乾燥機は、その名の通りです。
お風呂の残り湯をできるだけ利用するものになります。
それで、洗濯やすすぎ、更に、乾燥運転時に必要となる"冷却水"としても利用することが出来ます。
ミスド福袋がお得!2014-2015年グッズとドーナツをチェック! | スグ得