フラット35審査甘いの?住宅ローンを借りるときの注意点は?

家を買う時に誰もが頼るのが住宅ローン商品フラット35ではないでしょうか。
申請方法はとても簡単で自宅近くの銀行などでも受付可能ですしインターネットバンキングでも良いと思います。
加えて、不動産屋と協力している銀行にするやり方もあります。
申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。
その場合、会社で行われる年末調整では受付できないので支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。
数年以内に、大きな買い物ともいえるフラット35を申請したい方はしっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。
フラット35といえば、ずっと固定金利だし保証料や繰上げ返済手数料0円など、メリットもたくさん!高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、一ヶ月あたりに返済すべき金額が減るので負担が軽くなります。
ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり場合によっては多かったり少ない時も考えられます。
それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、ことのほか少ないという調査結果も出ています。
色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。
将来、新しい家を購入して両親と同居を考えている方に今回は是非、知って頂きたい住宅ローンを紹介します。
普通は、借入れをする方の年齢が決まっている場合が多く年齢がいっている方は、申請しても通らない場合が多いです。
ですが親子リレー返済という後継者がいる方の申請であれば、70歳以上の方でも申込みする事が出来るのです。
この仕組みは、二人で同時に返済していくのではなく借りた親が先に返済し、残りを子供が受け継いでいく為です。
このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。
自分独りで抱え込まずに、こういう方法も考えてみて下さい。
フラット35審査甘い?通りやすい銀行ある?【再挑戦は可能?】