中古マンション住宅ローン-中古マンションと新築マンションとでの住宅ローンの違いはある?

新築のマンションを購入する際、完成物件の購入を除いて、引き渡しまで半年から一年と期間がある為に、住宅ローンの選択も時間をかけてじっくりと行なう事が出来るかと思います。
しかし、中古マンションの購入の場合、契約から一ヶ月もすれば引き渡しが可能となる場合が多く、その際には住宅ローンでの支払いも実行となる為に、契約後すぐにローン審査に入ります。
そのため、欲しい物件が決まった後に住宅ローン商品の選択をしている時間があまりありmせん。
おおよその予算が決まった段階で、物件探しと同時並行で、住宅ローン商品の選択も開始する事をお勧めします。
また、その際に中古マンションの購入に際して何か条件がつかないかを確認しておいた方が良いでしょう。
多くの銀行の住宅ローンでは新築と同様にローンは借りられますが、なかには住宅金融支援機構のフラット35のように建物の調査が必要な場合があります。
検査には追加で費用も発生する為、そういった事も合わせて、ローン選びを進めていくと良いでしょう。
フラット35は審査基準が違う?お得なポイント!【固定金利でおすすめ!】