演劇はどういうように始まったのでしょう。その事についてですが、一般的には宗教的な儀式としてとか、呪術としてとか、民族儀式として行われていたものが発展しているそうです。それらが演劇の元になる物が出来たのではないかと言われています。その根拠には、「大ディオニシュア祭り」と言う古代ギリシャで行われている祭りが取り上げられます。その悲劇が神であるディオニュソスを称えます。そして祭儀と言う役割を担っていたと言うことです。その他にも演劇の原型に宗教的な儀式、呪術なんかもそうだと言われています。また、真似たりすることが結構あるみたいです。ですから、その事が発展して人々の娯楽に演劇が出来上がったのではないかと言われています。(笑顔)今は演劇はこうした儀式的なことから、エンターテイメントと言う娯楽の一種として発展しました。こうしたエンターテイメントの原型も見ている観客達を楽しませると言うことが目的だったと言う説もあります。そのように考えられていたそうですね。これが演劇の原型になったと言われています。どういう原型があったとしても、演劇とは人類史の中でも初期の頃に生まれたと言うことです。そして、たくさんの人々を魅了してきたものと言えます。更に今現在の私達も演劇は魅了し続けてくれるのす。(笑顔)

関連ページ